なぜ自分の枠を超えてチャレンジしないのか?

スポンサーリンク



面倒臭い」と真っ先に考えてしまう。

チャレンジしようと思ったときに取り組むまでのステップの数を数え
その多さに行動するのが億劫になってしまうからです。

これは自分でもすごくダサいことだと思うのですが、
最近特に多いように思います。

「どれだけのステップを踏まなければならないのか、それに到るまでの時間は?」

挑戦して達成できたときに得られるもの、
その喜びといったプラスの面を想像するのではなく、

まずこういった思考になるので足取りが重くなり、
レベルが高いほど行動しづらくなっている。

——————
(ここまで)

インターネットビジネスの世界では
半年も経つとひと昔という感じで、目まぐるしく動いています。

となると、どうしても短期的な目線で
ビジネスを進めがちになります。

が、

ビジネスの本質は “稼ぎ続けること” です。

“稼ぐ” ではなく “稼ぎ続けること” なんです。

ですので、

▼「一生をかけて取り組むコト」

として「▼being:どうありたいか?」を設定しビジネスを進めることで

半年、1年という短期スパンじゃなく、
10年・20年・30年という長期的な視点で今を生きることができるようになります。

“being” を設定することには
こういう効果もあります。

と、このようなことをお伝えしたところ、

(ここから)
——————

加藤さんがおっしゃるように「一生をかけて」と置くだけで、
じゃあできることからコツコツ積み重ねていこう、となんだか思えてきます。

意識していませんでしたが、
確かに「かなりの短いスパンでこなそう」という考えが常にあり、

その短時間でこれだけのステップをこなすとなると、、、
と想像を巡らせ気が重くなっているところがありました。

時間軸を意識し、焦らず、
長期的に見て積み重ねることを大切にしていこうと思います!

——————
(ここまで)

と、こんな認識の変容が起きています。

これだけで新しいことへの挑戦のハードルは確実に下がります。

▼現状維持は退化

ガンガンとチャレンジして
思いっきり飛躍していきましょう!

スポンサーリンク




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です